So-net無料ブログ作成

1981年 SCOPE Vol.3 [S.P. 遺産]

1981年 SCPPE Vol.3

表紙を大きく飾るのはJEEPとL.L.Beanのトートバッグ!当時はソニープラザがL.L.Beanを輸入販売していました。“アウトドア”“ヘビーデューティ”“本物志向”といった言葉と商品が大人気に。 L.L.Beanのキャンプモックやトートバッグ、フィールドコートを持っていた方も多いはず! JEEPの後ろにペタリと大きく貼り付けられているのは「Splashin'AIR」の大きなスティッカー。そういえば「The Super Goods Store」のスティッカーもありました。まだお持ちの方はぜひご一報ください!!

受付メールアドレス: yomupla@plaza.sony.co.jp


 



軽井沢店は夏の間だけ期間限定でオープンしていた特別なお店、70年代から運営を開始していましたが、高速道路や新幹線の普及で軽井沢も長期滞在型の別荘地から短期滞在型のリゾートに変化し、現在は運営しておりません。

写真の右端に写るテニスウエア姿のカップルが懐かしい軽井沢スタイルを思い起こさせてくれます。 当時は別荘でも東京都同じ快適な生活をおくりたいという別荘族を中心にご利用いただいておりました。



FC(エフシー)という呼称で親しまれてきたFieldcrest(フィールドクレスト)のタオル。タオルといえばFieldcrest、Fieldcrestといえばタオルという一般名詞化したほどのクオリティの高いタオルです。

60年代に海外旅行が自由化になって(えっ、昔は海外旅行が自由にいけない時代があったの!と驚く人が多いと思いますが。)海外の高級ホテルに泊まると必ず感激するのが真っ白い、分厚いタオル。その品質を日本に持ち込んだのがFieldcrestでした。 

カリスマ、ロイヤルベルベット、ポピュラリティーなどさまざまなラインがありましたが、どれも使いやすく、カラフルでした。残念ながら米国での生産はストップした状態ですが、10年20年はまったくへこたれない頑丈なFieldcrestを愛用されている方は多いはず! ※現在ソニープラザでは同等のクオリティの米国製タオルを輸入販売しております。


ペルーからイギリスのおばさんの家にやってきて楽しい騒動を巻き起こす、クマのパディントンは80年当時のソニープラザを代表するキャラクター。「Paddington Station」というキャラクターコーナーを店内に設けキャラクタービジネスの先駆けをスタートいたしました。

パディントンといえばダッフルコートに大きなフェルトの帽子、好物はハチミツではなく、マーマレード!大きな帽子の中にはいつもマーマレードサンドイッチを隠し持っています。

現在はバーバパパ、スノーマンを初めいろいろなキャラクターを扱っていますが、これからもさらに楽しいキャラクターを探しつづけていきます、お楽しみに!

次回は1981年 SCOPE Vol.4をご紹介いたします、お楽しみに。


2006-01-10 17:15  nice!(1)  トラックバック(2) 

nice! 1

このブログの更新情報が届きます

すでにブログをお持ちの方は[こちら]


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。