So-net無料ブログ作成
検索選択

書きおろし・第3回 似ている犬の巻 [犬ばか歳時記]

 書きおろし・第3回 似ている犬の巻

犬ばかというものは、自分ちの犬がどんなにアホでも、泳げなくても、毛がぼっさぼさでも、梅雨どきで臭くなっていても、世界一かわいいナアと思っているものであります。
と同時に、自分ちの犬に似た犬にさえも、並々ならぬ愛情を感じてしまうものですね。

わたくしも、ご多聞にもれず、「チルー似の犬」が通りすがるたび、はたまた、ブラウン管にちらっと写るたび、はたまた、新聞の小さな記事の端のほうに、チルー似の犬が写っているたびに、テンションが上がるのであります。

チルーみたいな、白い日本犬の雑種は、田舎へ行けばいくらでもうろうろしているものですから、わたしの家族も、「今日めっちゃチルー似の犬がひとりで歩いてるから、チルー!って呼んだけどチルーでなかったよ」的なことをよく言います。

チルーの特徴はまつげまで白いところですが、遠くから見たらそんなのはわからないですから、チルーが脱走したのではないか、と思うわけです。

それでは今までに一番驚いた「特選:チルー似の犬」をご紹介いたしましょう。
その犬とは、沖縄本島で出会いました。
「チルー」という名も沖縄語なので、何かの縁かもしれません。
勝連グスクで我々を頂上まで案内し、また見送ってくれたかしこい犬です。

沖縄本島の勝連グスクの跡。「グスク」とはお城のことです。琉球時代のお城の跡で、上に登ると海が見渡せます。

ひとっこひとり居ないグスクに、たった一匹遊んでいた白い犬。我々を頂上へと案内してくれました。

あまりにチルーに似ているので、沖縄へ一緒にこられなかったチルーの生き霊かと思ったほどです。よく見ると足がチルーより短い。

帰りも下までお見送りしてくれました。

さて、最後に本物のチルーの写真です。

いやー 本当によく似ています。
世の中には自分に似た人が3人いるといいますけれど、犬にもあるのかもしれませんね。


 


2006-06-14 15:00  nice!(0)  トラックバック(1) 

nice! 0

このブログの更新情報が届きます

すでにブログをお持ちの方は[こちら]


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。