So-net無料ブログ作成

書きおろし・第4回  世界最高の選手を育てたのは……の巻 [犬ばか歳時記]

「覚えていますか? 1匹のわんちゃんが、世界を救ったということを……」
というのは嘘です。チルーは今日も、2丁目3丁目をうろうろしています。


こんにちは、犬ばかです。同胞の皆さま、ごきげんいかがでしょうか。
犬ばかの多くは、この時期、4年に一度のサッカーばかになることと思われま
す。

バンドマンは猫を飼い、サッカー選手は犬を飼っている。
というのは私の勝手なイメージですが、やっぱり犬の醍醐味はしゃにむに走る、
追いかけるところなのでサッカーとだぶります。


                                        ゴール前、つめてこぼれ球を狙うチルー。

かのブラジル代表「ロナウジーニョ」さんも、こどものころは犬を練習相手に
していたそうですね。
小学生ぐらいのロナウジーニョ少年が飼っていたのは、ブチの雑種。
「その雑種犬がボールを奪うと噛んでつぶしてしまうから、僕は必死でボール
をキープしてうまくなったんだ」と、ご本人が言っておられました。

雨の日でさえ、家の中で靴下を丸めてボールに見立て、家具を障害物にして犬
を追いまわしたと。
そんなことをしたらママに大目玉を食らうじゃないか! と思うけれど、
母・ミゲリーナさんは「最初の犬が亡くなると、次に飼った犬もサッカーの相
手にしていました。犬も大変でしたよ」(スポニチ アネックスより)
と、どっちかというと犬に気づかいを。ほんとに、いい家族だなあ。

                                   
      日本の雑種ワンコもちょんまげをかぶってロナウジーニョさんを応援。(大阪府枚方市)

                      

                            スクラムを組んで応援する3匹犬。(大阪府枚方市)

「1匹の雑種わんちゃんが、世界最高のサッカー選手を育てた……」
という文言が、これから数週間は、私の頭の中で繰り返されることになりそう
です。

ちなみに、今、大スターとなったロナウジーニョさんが豪邸で飼っている犬は、
大きな白い犬ボーラ(意味:ボール)と、黒い犬ネグロン(意味:クロ)。
立ち上がるとロナウジーニョさんと同じぐらいの身長の2匹。
見るからに雑種では無さそうな、高級感ある犬たちですが、きっと今でもロナ
ウジーニョさんは、道端の雑種犬とサッカーしてくれるんじゃないかな。

だって、スターは野良犬と少年には優しいんだよ。ではまた!

 


2006-06-29 10:57  nice!(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

このブログの更新情報が届きます

すでにブログをお持ちの方は[こちら]


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。