So-net無料ブログ作成

書きおろし・第6回 デジタル・うんちくの巻 [犬ばか歳時記]

お食事中の方は、あとで読んでください。

拙宅の犬は、雨に濡れるのが大嫌いです。
素朴な雑種なので、雨に濡れると、のらいぬにしか見えず、
それを気にしているのか、どうなのか分かりませんが、
強い雨が降っている日は、小屋にひきこもって散歩に出ません。
散歩に出ないと、うんこが出ません。
それでも、えさは食べます。

翌日、晴れて散歩に出ると、もちろん、きのうの分のうんこも出ます。
しかし、不思議なことに、かならず、まず1回分をして、
それからしばらく歩いて、また別の場所でくるくる回りだし、
次の1回分をするのです。


チルーの「うんこ袋」は、スーパーのビニール袋です。
スコップは持たず、ビニールで直接、うんこをがしっとつかんで、
裏返しにしてから、口のところを結びます。
このやり方だと、1回しか使えません。
だから、雨で散歩をさぼった翌日には、ビニール袋を2個、持っていくようにしています。

どうして、いっぺんに出ないのだろうか? 

散歩しながら考えました。そして、あるひとつの、仮説にたどりつきました。

犬は、「だめ/よい」「食う/食わない」「行く/行かない」等、
選択肢がいつも0か1です。
0か1かの選択を繰り返していくことによって、生きていると言えましょう。
見た目はアナログの雑種でも、頭のなかはデジタルということです。

思い出してみてください。
「足し算のできる犬」が、「2+3=」の答え「5」という時、
わん わん わん わん わん と、5回吠えることで、「5」を表現します。ほんとうに2+3が出来ているかどうかはともかく、
犬にとって、5=1+1+1+1+1として、表されるものである。
すべての整数は、1が何個あるか、という形で表される。
ということは、うんこの量2は、1+1という形で、処理されるべきである!!

で、あるからして、チルーがうんこをしなかった翌日、
1回の散歩中に、2回に分けてうんこをするのは、チルーの脳が、
0と1で処理をする、デジタルであるからだ……と。
だとしたら、アイボもびっくりだね!

 


2006-08-08 17:16  nice!(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

このブログの更新情報が届きます

すでにブログをお持ちの方は[こちら]


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。