So-net無料ブログ作成
検索選択

書きおろし・第7回 ちゃっかりどうぶつの巻 [犬ばか歳時記]

チルーの住む大阪府枚方市は、夏には38.5度を記録し、
時にはニューデリーやバンコクより暑くなってしまう地方都市であります。

熱せられたアスファルトで肉球がやけどするため、
散歩は日が落ちてからでないと無理。
昼間は、木陰に避難してセミ取りに興じるか、
よしずをたてかけた犬小屋で寝ています。

小屋の中には、魚を運搬したときに使用した保冷剤を置いておきます。
ほんのり海産物の匂いがする保冷剤にあごをのせて、昼寝をするのが
チルーの夏の日課であります。

あまりに暑い……。
さて、こんなときは南の島の話でもしましょうか。
沖縄の由布島という小さな島に行ったときのことです。
由布島は、西表島から水牛車に乗って、遠浅の海を渡って行きます。
水牛が、荷車を引いて海を渡り、私たちは、荷車に乗ります。


手綱を握るおじさんは、サンシンを弾いて、琉球民謡を歌います。
由布島は、全体がなつかしムードの植物園になっていて、
しばらくいると、ここがどこで、いま何時代なのか、わからなくなってしまいます。

あっという間に時間が過ぎ、最後の牛車がでる時間になりました。
夕方になれば、植物園の職員も皆、西表島に帰ります。
なので、牛車の最終便は、職員の人も乗ります。
おじさんが、もう出発するよ~というと、どこからか、
すたすたすたー、と雑種犬が走ってきて、ひょい、と荷台に飛び乗り
おじさんに「早く出してよ」という顔をしました。
牛はゆっくり歩きはじめ、わしわし、海に入っていきます。


牛車が海を渡るあいだ、その犬はずっと、海のほうを見て、
気持ちよさそうに風にふかれていました。
いい風景すぎて、写真を撮るのがもったいなくて、カメラにおさめるのはやめました。

とにかくその場の空気を動かしたくなかったのです。
そして、牛が対岸につき、西表島の砂浜に登りだすと、犬はまたひょい、と
降りて、すたすたすたー、と走っていきました。
牛も、毎日のことなのか、ノーリアクションでした。
今回の写真は、そのときの連れが、がんばって撮ったものですが、犬は写っていません。

動物が動物にちゃっかりお世話になっている図を見るのは、いいものですね。それも、「共生」といった、生きるためのギブ・アンド・テイクではなくて、「たまたまそこにいるから、つい、お世話になっちゃった」という感じが、いいです。
たとえば、海鳥が、くじらの上でひと休みするとか、そういうのが、ね。

 


2006-08-24 16:36  nice!(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

このブログの更新情報が届きます

すでにブログをお持ちの方は[こちら]


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。